カスレ

Category: 洋食  

カスレ1


昔、むかし、そのまた昔・・・
代官山のパッションで本物のカスレをご馳走していただいたことがある。
赤ワインと共に供されたフランス郷土料理のカスレは衝撃的だった。

カスレとは、白いんげんと豚肉のトマト煮込みとでも言いましょうか、
いわば家庭料理の範疇で、豪華で高級な料理ではありませんが、
Dino家では家バル定番のおつまみでもあります。


【レシピブログの「ワインと秋の味覚で手軽に家バルを楽しもう♪」 レシピモニター参加中】

家バルおつまみの料理レシピ
家バルおつまみの料理レシピ  スパイスレシピ検索


【カスレ】
材料(4~6人分)
白いんげん豆 150g、豚肩ロース 150g、調味料(にんにく 1片、オリーブオイル 大さじ1、レモン汁 大さじ1、塩コショウ 少々)、
ソーセージ 4本、玉葱 1/2個、マッシュルーム 4個、セロリ 5㎝、エシャロット 1個、オリーブオイル 大さじ2、白ワイン 1/2カップ、スープ 2カップ、GABANマジョラム 小さじ1/2、トマトの水煮カット済 1缶、塩コショウ 少々、パン粉 1/2カップ、パルメザンチーズ 適量
作り方
1. 白いんげん豆をたっぷりの水に浸して、一晩おく
2. 豚肩ロースを調味料に漬ける(にんにくは潰して入れる)
3. 前日に水に浸しておいた白いんげん豆をつけ汁ごと鍋に入れて煮立たせたら、湯を捨てて、新しい水で40分茹でる
4. 玉葱、マッシュルーム、セロリ、エシャロットはみじん切りにし、ソーセージは1㎝に切る
5. 鍋にオリーブオイルを入れて肉を炒め、4を入れて炒める
6. ここにスープ、白ワイン、茹でた白いんげん豆を加えたら、GABANマジョラムを加え30分煮る
7. トマトの水煮缶を加えて20分ほど煮込んだら、塩コショウで味を調える
8. 大きなグラタン皿に移してパン粉パルメザンチースをふりかけ、180℃のオーブンで15分ほど焼く

今回はGABANマジョラムを使ってみました。
豆にも豚肉にも良く合うスパイスです。

時間のある時に煮込んでストックしておけば、
食べる時にオーブンに入れて、アツアツがいただけますよ。

ワインがすすむDino家の家バルおつまみ、カスレ!
超ウマです♡


カスレ2









スポンサーサイト
 2016_09_30



煮込みハンバーグ


久しぶりのお天気で、なんだかウキウキ!
今日は大きな煮込みハンバーグにしよう、
やっぱり赤ワインがいいな♪


【レシピブログの「ワインと秋の味覚で手軽に家バルを楽しもう♪」 レシピモニター参加中】

家バルおつまみの料理レシピ
家バルおつまみの料理レシピ  スパイスレシピ検索


【煮込みハンバーグ】
材料(4人分)
合挽肉 300g、玉葱 1個、バター 大さじ1、生パン粉 1カップ、牛乳 50㏄、卵 1個、塩 小さじ1/4、GABANオールスパイス<パウダー> 6振り、GABANブラックペパー 少々、サラダ油 大さじ2、マッシュルーム 120g、赤ワイン 1/2カップ、GABANローリエ 1枚、トマトケチャップ 1/2カップ、ウスターソース 大さじ2、赤みそ 小さじ1
作り方
1. 玉葱をみじん切りにしてバターで炒めて冷ましておく
2. ボールに挽肉、塩、オールスパイス、ブラックペパーを入れ、よく捏ねたら、卵、牛乳に浸したパン粉、1の炒め玉葱を入れ、更に捏ねる
3. 4等分したら空気を抜いて小判型に丸める
4. マッシュルームは薄切りにし、みそはソースで溶いておく
5. フライパンを熱し、サラダ油を入れ、中火で両面焼き色を付け、湯(分量外)をひたひたに入れ、赤ワイン、ローリエを入れて煮立てる
6. マッシュルーム、残りの調味料を加えて煮立て、弱火で蓋をして7~8分、汁が半量になるまで煮る

好みで付け合せを添えます 今日は人参のグラッセ、フライドポテト、スナップインゲンを付け合せにしました

これがDino家の定番、煮込みハンバーグ。
大きくて、食べごたえのある慣れ親しんだ味♡
なんだか、ホッとしますよね。

GABANオールスパイスは肉料理に良く合いますね。
ワインがすすみます♪

今日も美味しくいただきました♡







 2016_09_25


ブイヤベース

Category: 洋食  

ブイヤベース1


秋は収穫の季節!
野菜も果物も旬のものが沢山出回り、
買い物をするのも楽しい♡

市場で、取れたての魚介類が手に入ったので、
早速ブイヤベースを作りました。
今日は白ワインにしましょう♪


【レシピブログの「ワインと秋の味覚で手軽に家バルを楽しもう♪」 レシピモニター参加中】

家バルおつまみの料理レシピ
家バルおつまみの料理レシピ  スパイスレシピ検索


【ブイヤベース】
材料(4人分)
玉葱 2個、にんにく 2片、スカンピ 4尾、有頭海老 4尾、イカ 1パイ、たら 4切、ムール貝8個、パセリ 少々、オリーブオイル 大さじ2、スープ 3カップ、トマトピュレ 1カップ、GABANサフラン<ホール> 小さじ1、白ワイン 1/2カップ、GABANパプリカ 大さじ1、ゲランドの塩 小さじ1、GABANブラックペパー 少々、レモン汁 大さじ1
作り方
1. スカンピ、海老は洗って水気をふき取る ムール貝はタワシでよく洗う イカはワタを取り、筒切りにする 玉葱とにんにくはみじん切りにする サフランは白ワインに漬けて色を出しておく
2. 鍋にオリーブオイルを入れ、玉葱とにんにくをいれて良く炒め、スープ、白ワイン、サフラン、トマトピュレ、パプリカ、塩、ブラックペパーを入れる
3. たらを入れて7~8分煮たら、スカンピと有頭海老、イカを入れ蓋をして4~5分煮る
4. ムール貝を入れて蓋をし、貝が開いたらる味を調え、レモン汁を加え火を止めたらパセリを散らす


簡単なのに、ちょっと豪華でしょ♡

Dino家のブイヤベースにサフランは欠かせません!
黄金色で奥深い香りが最高です。


ブイヤベース2


今日のDino家のお家バルは、
ブイヤベースにガーリックトーストを添えて白ワインと共に♪








 2016_09_21



キャメロン展


丸の内ブリックスクエア三菱一号館美術館で開催中のキャメロン展へ。
写真でありながら、まるで絵画を見ているよう・・・

ポスターにもなっているこの女性、ベアトリーチェ。
この視線、凛として美しいが、宙を見る瞳の奥に潜む憂いと強さ・・・
釘付けになった。


エシレ1


同じ、ブリックスクエア内にあるエシレ・メゾン デュ ブール。
ここを素通りするわけにはいかない♪


エシレ2


エシレフォナンシェとマドレーヌのバスケットをお土産に購入!


エシレ4


さあ、ティータイムにいたしましょう。
エシレバターの風味が最高です。


エシレ5


さっくりとした歯触りが心地よく、
濃いめの焼き色が香ばしくてDino-T好み♪

初秋の休日を満喫いたしました。








 2016_09_18



抹茶白玉あづき


中秋の名月だというのに、お月様はいずこ?
前橋はどんより雲が厚く垂れこめて、なんだかテンション下がる・・・

しかも、仕事が遅くなって、お月見だんごを買えなかった。
あ~あ・・・

こーゆー時に限って無性に食べたくなるって、どーゆーことよ!

かんてんパパで抹茶のかんてんを作り、采の目に切って、
Dino-Tお気に入りの生協の缶入りあづきを添え、
白玉粉煉って、茹でてトッピング。最後にきなこの大サービス!(笑)


抹茶白玉あづき2


意外と簡単にできるわりに大満足な和スイーツ♡
抹茶白玉あづき、今日は温かい日本茶でいただきました。







 2016_09_15



イトノワ1


ふらっと、itonowaへ・・・
ほっとする優しい空間。

いつもの、玄米プレート。
この玄米おにぎりが食べたかったんだ~♪
定番のひじき煮チーズと梅おかか。

また、玄米生活始めようかな。


イトノワ2



季節のロールケーキはシャインマスカット。
旬です♡

新鮮さを感じる生クリームと、柔らかめのホイップ加減が絶妙!
アイスジンジャーティーとの相性も抜群です。

至福のひと時・・・







 2016_09_13


すだち蕎麦

Category: 和食  

すだち蕎麦1


ずっと食べたかったんだ~コレ!
テレビ番組で見て以来、すだちが出回るこの時期を
待ちに待っていたのだ。

映像がとにかく斬新で、なにコレ、すごい!!!
絶対、つくっちゃう~って思ってました。
念願かなったよ~♪

なんて美味しんだろう、感激・・・
想像以上の美味しさにびっくり。
すだちと蕎麦がこんなに合うなんて!
めんつゆがスッキリ爽やかで、柑橘系の独特の甘みを感じます。
これ、ほんとヤバウマです。

すだち蕎麦2


こだわりの蕎麦は、いつもの温井製麺の蕎麦(半生)です。
蕎麦の風味がとてもよくて、つるっといけます。

そして今日の器は小鹿田焼の丼、
どちらもDino-Tのお気に入りです。








 2016_09_10



鯛茶漬け1


本日、東京出張・・・
研修前の出張ひとり飯を銀座うちやまでいただく。

鯛茶漬けランチ!


鯛茶漬け2


厚切りの鯛のお刺身に、香ばしいごまだれ♪
濃いめの味付けの刺身を数切れいただき、
残りの鯛をご飯にのせてお茶漬けに。


鯛茶漬け6


こだわりの煎茶をかけていただく鯛茶漬けは絶品です!
濃い味のごまだれも、これで丁度良くなります。


鯛茶漬け4


ご飯お変わりしちゃいました♡
二杯目は、ちりめん山椒ごはん。
これも美味!


鯛茶漬け3


夏野菜の炊き合わせは薄味で、卵焼きはフワフワ。
こんな風に作れたらいいのにな・・・


鯛茶漬け5


食後に1口、甘物が。
これなんだろう、お味噌のしっとりしたあんこのようなケーキ的なものです。
最後に、びしっと締めくくりますね~、さすが!


銀座うち山


こんな、イートインが三越に入っています。
ごちそうさまでした。








 2016_09_03



ジェノベーゼ


暑い夏にも負けず、青々と茂るバジルを収穫。

新鮮なバジルの美味しさを存分に堪能できるジェノヴァペーストを
大量に作って冷凍しておくと、いつでも簡単に再現できて、とっても便利!

今日はいつものジェノヴァペーストにキャラウェイを加えて、
味と香りに深みを加えて、さらに美味しくいただきましょう♪


【レシピブログの「スパイスがお役立ち♪夏のさわやかレシピ」モニター参加中】

さわやか風味の料理レシピ
さわやか風味の料理レシピ  スパイスレシピ検索


さあ、まずはジェノヴァペースト作り♪


【ジェノヴァペースト】
材料(4~6人分)
バジル 100g、カシューナッツ 20g、にんにく 1片、オリーブオイル 200cc、塩 小さじ1、GABANキャラウェイ<ホール> ひとつまみ
作り方
1. カシューナッツとにんにくは粗くつぶしておく
2. 材料を全てミキサーですり混ぜる

さて、このジェノヴァペーストをつかってスパゲティージェノベーゼ♪

【スパゲティージェノベーゼ】
材料(4人分)
スパゲティー(乾麺) 240g、塩 軽く片手もり、オリーブオイル 大さじ1、ジェノヴァペースト 大さじ4、バジルの葉 4枚、パルミジャーノレッジャーノ 少々
作り方
1. タップリの熱湯に塩を入れ、ゆで時間に従ってスパゲティーを茹で上げる
2. 1をボールに入れ、オリーブオイルをからめ、ジェノヴァペーストで和える
3. 皿に盛って、パルミジャーノレッジャーノをすりおろし、バジルの葉を飾る
4. 盛ったパスタの周りにジェノヴァペースト(分量外)を飾り付ける

いつものジェノヴァペーストにもまして、
キャラウェイが独特の香りで爽やかさプラス!
味に深みが出ます。

とっても夏らしくて、みどりが鮮やかな
スパゲティージェノベーゼ♡

一番おいしい時期のバジルを使って、
ジェノヴァペーストを沢山作って楽しみませんか?

淡白な鶏むね肉のソテーに添えてもオシャレです。






 2016_09_01




08  « 2016_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

Dino‐T

Author:Dino‐T
その一皿に♡心をこめて・・・


レシピブログに参加中♪

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




.