水無月

Category: スイーツ  

水無月


京都では1年のちょうど折り返しにあたる6月30日に、
この半年の罪やけがれを払い、
残り半年の無病息災を祈願する神事「夏越祓(なごしのはらえ)」
または「水無月祓(みなづきばらえ)」とよばれる神事が各地の神社で行なわれます。

そのときに食べるのが「水無月(みなづき)」という和菓子です。

6月最後の日にいただく「水無月」は、
白いういろうに小豆をのせた三角形の和菓子。

庶民にとって氷が貴重だった頃、
氷のかけらをかたどった三角形の和菓子が
作られるようになったのが始まりと言われています。

上に飾る小豆には、邪気を祓う意味があるのだそうですよ。

それにしても、なんて美味しい小豆なんでしょう・・・
大ぶりな大納言小豆がふっくらと柔らかく炊けているのです。
雑味のないきりっとした甘味といい絶品です。










スポンサーサイト

 2016_06_30


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


04  « 2017_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

Dino‐T

Author:Dino‐T
その一皿に♡心をこめて・・・


レシピブログに参加中♪

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




.